<旬野菜> 谷水菜(みずぶき)の山菜料理
昨日、母と義母を連れて、山菜採りに行ってきました。
この地方では、「谷水菜」(たにみずな)といいますが、水菜ではなくて、
ウワバミソウです。よく聞く呼び名は、「みずぶき」。

谷の水のきれいな渓流地(湿ったところ)に生えています。最近、台風の影響などで、
地形(川)が変わってきていて、今まであったとこに無かったりで・・・

e0029926_16535915.jpge0029926_165424100.jpg









葉っぱを取って、茎を食べるのですが、葉っぱは、お茶にして頂くと、婦人病にいいよ。
と、母が言うんです。
「作ったらちょーだい」
と、多分、私にはできないな。。(;´Д`)と思いました。
  

    ◆ 谷水菜(みずぶき)の油いため ◆    

    ・谷水菜(茹でたもの)400G
    ・だし   120CC
    ・ちりめんじゃこ 100G
    ・油    大さじ2杯
    ・ごま油  少々
    ・いりごま 少々
    ・醤油   大さじ21/2杯
    ・砂糖   大さじ2杯
    ・みりん  小さじ1

   >葉ッぱを除き、3センチぐらいに切り、塩・重曹を入れて、湯がきます。
         (しばらくつけておく)
   >鍋から引き上げて、水洗いします。
   >フライパンに油をひいて、谷水菜を入れて炒めます
   >ダシを入れて、醤油・砂糖を加え、しばらく煮つめます。(水分がなくなるまで)
    ※みずなから、水分が出るので、時々、味をみて、整えていきます。
   >みりんを加えて、テリをつけます。
   >仕上げにごま油・ちりめんじゃこを加え、さっと炒めます。
   >いりゴマを加えて、出来上がり~
e0029926_17174590.jpg


     谷水菜じたいに、味がなく、食感をたのしむ感じですね。
       「ふき」のような風味もありません。
          じゃあ、「なんで、食べるんだろう~」
   と、考えましたが、旬のもの地方の郷土料理は覚えておこう~!と思って。
      ふき類には、無機質のカリウムが多く含まれているんです。
         あとは、水分が多いいんです。

    炊いても煮崩れもしません。しっかりした食感と、少しですが、粘りが感じます。
     「ご飯のお友」にいいですね。

 それと、本日のニッポン旅×旅ショーで奄美大島が放送されます。
  私のお気に入りブログ奄美大島☆撮影日記さんが撮影されています☆
   ぜひ、見てね;*。。・;・゚゚・;☆(*^з^)。o○







←こちらもどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログ『わたしの旬レシピ・5月』
by tsuruya0430 | 2007-05-17 17:21 | うちのご飯 田舎料理
<< <旬野菜>春キャベツ(新キャベツ) 母の日 >>